ウォシュレットのノズルは使用する度に可動する

トイレの修理

トイレの修理
ウォシュレットのノズルは使用する度に可動する場所ですので、どうしても故障が多くなります。出ない、戻らない、水漏れしているなどの故障の依頼が多いです。トイレつまりを直すならここ。でもこれには多くの場合故障ではないことも多々あります。多い理由の一つにコンセントが抜けているや停電等が有りブレーカーが落ちているといったものです。ウォシュレットは家電製品ですので、電気が通ってなければ動くことはありません。まずは電源を入れ直してみることから始めましょう。それでも直らない場合に多いのが、ノズルの汚れです。製品の出入りするポイントは綺麗に収まるよう造られているため、汚れなどがつくと上手く戻らなくなることがあります。そういった場合は戻らない部分をスポンジなどで拭き取ってみてください。汚れがなくなれば直ることもあります。そこまでしても直らないとなったら流石に自分で直せる類の故障ではない可能性が高いので、そのときにご依頼していただければ承ります。

一度使用をやめて時間を置いてから使用してみる

また、温度設定が変わっている可能性なども考えられるので、そちらもチェックしてみることをお勧めします。それ以外にも温水は作られてたまる際に時間がかかるため、一度使用をやめて時間を置いてから使用してみると言うのもひとつの手段です。それでも温水が出ない・水が冷たいなどの状態が続いている場合は故障している可能性が高いため、設置した業者に相談するか新しく買いなおす必要があります。

ウォシュレット まずは慌てずに誤作動の可能性

ウォシュレットはいまや家庭のトイレのほとんどに設置されている装置の一つとして浸透しているのですが、温水が出ない・水が冷たいなど温度の調整がうまくできなくなって困ったことはありませんか? そのような場合はウォシュレットの故障などが考えられるのですが、まずは慌てずに誤作動の可能性などを検討してみることをお勧めします。